2018年9月30日日曜日

11/11【名古屋】複雑な動きをする台風のしくみ / 吉野純さん

【第15回気象サイエンスカフェ in名古屋】
日時 2018年11月11日(日) 15:00〜17:00(受付開始14:30)
場所 ナディアパーク 7階 7th cafe (セブンスカフェ)  
交通の案内
地下鉄「矢場町」下車5・6番出口より西に徒歩5分
ナディアパーク デザインセンタービル Eエレベーター7階
(名古屋市中区栄3丁目18-1)

■テーマ:複雑な動きをする台風のしくみ
■スピーカー:岐阜大学工学部准教授 吉野 純さん
■参加費:600円(飲み物、スナック付)
■定員:40名(先着順)
■どなたでも参加できます
■申し込み:メール=s_cafe_nagoya[at]hahoo.co.jp([at]は@に置き換えて下さい)  日本気象予報士会東海支部 岩田宛
※アドレスの部分をクリック(タップ)してください
※件名は「気象サイエンスカフェ参加希望」とし、本文にお名前、連絡先(電話番号)、職業(学生、会社員、気象予報士等)を記入。
(複数人数での参加の場合は、代表者名と人数を記入してください)
※申し込み締め切りは、2018年11月10日(土)。それ以前に定員に達した場合には申込受付を締め切らせていただきます。
※申し込み後に都合が悪くなった場合は、メールで同じ宛先に連絡をお願いします。
※個人情報はサイエンスカフェ参加の連絡以外には使用しません

気象サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に科学技術などの話題について語り合うコミュニケーションの場です。
名古屋周辺での気象サイエンスカフェ開催は今回が15回目です。

台風は、周囲の高気圧・低気圧がつくる風により移動します。複雑な動きをした2016年台風10号について、「渦位」と呼ばれる物理量を用いることにより、移動メカニズムの理解を、皆さんと一緒に試みます。


吉野 純(よしの じゅん)さんのプロフィール】
岐阜大学大学院社会基盤工学科 准教授
岐阜大学工学部附属応用気象研究センター センター長
博士(理学)、気象予報士
主な経歴
1995年~1999年
筑波大学 第一学群 自然学類
1999年~2001年
京都大学理学研究科地球惑星科学専攻修士課程
2001年~2004年
京都大学理学研究科地球惑星科学専攻博士後期課程
2004年~2012年
岐阜大学工学部社会基盤工学科 助手
2012年~現職(准教授)
2017年~現職(センター長)


大きな地図で見る

主催 (公社)日本気象学会中部支部 / (一社)日本気象予報士会東海支部
お問い合わせは運営スタッフ 日本気象予報士会東海支部 岩田(申し込み先のメールアドレス)まで