2019年10月27日日曜日

11/30【北陸】宇宙から観る雲と雨 / 濱田篤さん

【第3回気象サイエンスカフェ北陸 in高岡】
日時 2019年11月30日(土) 15:30〜17:00(受付開始15:00)
場所 ジャカッセ高岡店
交通の案内
JR・あいの風とやま鉄道・万葉線
高岡駅(古城公園口)から徒歩3分
(富山県高岡市末広町1-7 ウィング・ウィング高岡1階)

■テーマ:宇宙から観る雲と雨
■スピーカー:
濱田 篤さん
富山大学 都市デザイン学部
 地上にいる私たちにとって、雲や雨は下から見上げるもの、あるいは横から眺めるもの。でも、はるか上空をめぐる人工衛星は、私たちとは違った”目”で雲や雨を宇宙から観ています。おなじみの気象衛星「ひまわり」や、雨を立体観測する衛星など、最新の衛星の観測・仕組みを紹介します。さあ、宇宙から地球を観る旅に出かけましょう!

■参加費:約500円(飲み物代)
■定員:30名(先着順)
■どなたでも参加できます
気象サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に科学技術などの話題について語り合うコミュニケーションの場です。
■申し込み:メール=ha23_22ta[at]yahoo.co.jp([at]は@に置き換えて下さい)  日本気象予報士会北陸支部担当宛
※アドレスの部分をクリック(タップ)してください
※件名は「気象サイエンスカフェ参加希望」とし、本文に住所(市町村迄)、氏名、連絡先(メールアドレス、できれば緊急連絡用電話番号も)、職業(学生、会社員、気象予報士等)を記載。
(複数人数での参加の場合は、代表者の情報と人数を記載してください)
※定員に達した場合には申込受付を締め切らせていただきます。
※申し込み後に都合が悪くなった場合は、メールで同じ宛先に連絡をお願いします。
※個人情報はサイエンスカフェ参加の連絡以外には使用しません
■案内はこちら(日本気象学会中部支部のページ)
 



主催 (公社)日本気象学会中部支部 / (一社)日本気象予報士会北陸支部
お問い合わせは運営スタッフ 日本気象予報士会北陸支部担当(申し込み先のメールアドレス)まで

2019年10月12日土曜日

11/17【名古屋】雨の予測から防災の情報へ / 向井利明さん・桜沢信司さん

【第17回気象サイエンスカフェ in名古屋】
日時 2019年11月17日(日) 15:00〜17:00(受付開始14:30)
場所 ナディアパーク 7階 7th cafe (セブンスカフェ)  
交通の案内
地下鉄「矢場町」下車5・6番出口より西に徒歩5分
ナディアパーク デザインセンタービル Eエレベーター7階
(名古屋市中区栄3丁目18-1)

■テーマ:雨の予測から防災の情報へ
■スピーカー:
向井利明さん
名古屋地方気象台 気象防災情報調整官)
桜沢信司さん
CBCテレビ 気象予報士)
2人の対談形式で進めます
■参加費:600円(飲み物、スナック付)(高校生・大学生は半額300円)
■定員:40名(先着順)
■どなたでも参加できます
■申し込み:メール=s_cafe_nagoya[at]yahoo.co.jp([at]は@に置き換えて下さい)  日本気象予報士会東海支部 岩田宛
※アドレスの部分をクリック(タップ)してください
※件名は「気象サイエンスカフェ参加希望」とし、本文にお名前、連絡先(電話番号)、職業(学生、会社員、気象予報士等)を記載。
(複数人数での参加の場合は、代表者名と人数を記載してください)
※申し込み締め切りは、2019年11月16日(土)。それ以前に定員に達した場合には申込受付を締め切らせていただきます。
※申し込み後に都合が悪くなった場合は、メールで同じ宛先に連絡をお願いします。
※個人情報はサイエンスカフェ参加の連絡以外には使用しません
■詳しくは こちら(日本気象予報士会東海支部)

気象サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に科学技術などの話題について語り合うコミュニケーションの場です。
名古屋周辺での気象サイエンスカフェ開催は今回が17回目です。

 大雨が予想されると、気象台は大雨警報などを発表し、報道機関はこれを伝えます。近年、その内容や伝え方が大きく変わりました。
”雨の予測”が”防災の情報”となるには・・・。
情報の出し手の気象台と伝え手の気象キャスターにそれぞれの取組みを紹介していただきながら、皆様と一緒に考えたいと思います。




大きな地図で見る

主催 (公社)日本気象学会中部支部 / (一社)日本気象予報士会東海支部
お問い合わせは運営スタッフ 日本気象予報士会東海支部 岩田(申し込み先のメールアドレス)まで

11/30【かごしま】かごんまお天気百話ー地球温暖化時代を生き抜くためにー / 亀田晃一さん

【第7回気象サイエンスカフェ in かごしま】
日時 2019年11月30日(土) 16:30〜18:00(受付16:00開始)
場所 マルヤガーデンズ7F グッデイ
鹿児島市呉服町6-5 
(JR鹿児島中央駅から鹿児島市電約10分 いづろ通電停すぐ)

■テーマ:かごんまお天気百話
 -地球温暖化時代を生き抜くために-

■ゲスト:
 亀田晃一さん
 (南日本放送 気象予報士
■ナビゲーター:

 今村聡さん
 (NHK鹿児島放送局 気象予報士
■参加費:500円(ドリンク、お菓子付)
■申し込み:メール又は電話、FAXで鹿児島地方気象台まで参加者氏名・人数・代表者の連絡先(電話番号・メールアドレス)をお知らせください。

・メールはこちら


・電話:099-250-9912(平日9~17時)
FAX:099-255-4234
※申し込み締め切り2018年11月2日(金)

※定員になり次第申し込み終了
※申し込み後都合が悪くなった場合はお知らせください
※鹿児島地方気象台イベント情報ページはこちら
■定員:30名(先着順)


気象サイエンスカフェは、天気に関わる専門家のお話を、カフェでゆるりと聞くことができる市民向けのトークライブです。
今回は、歴史&天気系トークライブ。
どなたでも参加できます







主催 (公社)日本気象学会 九州支部  /  鹿児島地方気象台 / (一社)日本気象予報士会鹿児島支部

2019年10月8日火曜日

11/30【東京】南極の千本のアンテナでグローバルな気候結合を調べる / 佐藤薫さん

第50回気象サイエンスカフェ東京

日時 2019年11月30日(土) 14:00から16:00まで
  (受付開始13:45~)
場所 一般財団法人日本気象協会会議室
(サンシャインシティ
(JR・地下鉄・東武・西武 池袋駅から徒歩8分)
(地下鉄有楽町線東池袋駅から徒歩3分)

テーマ:南極の千本のアンテナでグローバルな気候結合を調べる
ゲストスピーカー:佐藤 薫さん
東京大学大学院理学系研究科 教授・日本気象予報士会副会長)
  • 参加費:無料
  • 飲み物は各自でご用意ください
  • 「気象サイエンスカフェ東京」は、気象や防災、環境にまつわる科学技術と社会の関わりを語りあうイベントです。どなたでも参加できます。
  • 申し込み:定員に達したため、参加申し込み受付を終了しました
  • 事前登録の後、都合が悪くなった場合はメールで事務局に連絡をお願いします。
  • 定員:35名(先着順)

 大気にはロスビー波と重力波という2種類の波があります。温帯低気圧はロスビー波の仲間、富士山の笠雲は重力波によるものです。大気の波は上空の成層圏や中間圏に伝播して、地球規模の地球規模の大循環を駆動しています。最近、この大循環が変化することによって北極と南極の気候が連動しているのではないかという話があります。南極昭和基地に配置された、八木アンテナ約千本からなる大型の大気レーダー、PANSYレーダーはこれらの波をとらえ、気候結合のしくみを解き明かす研究に活用されています。南極観測隊の活動やPANSYレーダーによる最新研究についてご紹介します。




◇ゲストスピーカーの紹介

佐藤 薫(さとう かおる)さん
東京大学大学院理学研究科 教授
佐藤薫さん

日本気象予報士会副会長
京都大学理学博士、気象予報士
京都大学助手、国立極地研究所助教授を経て現職。
第44次南極地域観測隊越冬隊員、第60次南極地域観測隊夏隊員。
PANSYプロジェクトリーダー。
日本気象学会山本・正野論文賞、同学会賞、同藤原賞、科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞、海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)など受賞。
専門:気象力学、中層大気科学
研究室ホームページ:http://www-aos.eps.s.u-tokyo.ac.jp/~sato-lab/


◇司会進行(ファシリテーター)の紹介
平松信昭さん
平松 信昭(ひらまつ のぶあき)さん
1960年京都生まれ
北海道大学理学部地球物理学科卒業後、日本気象協会に入社。
気象予報士試験の第一回の合格者の一人で、日本気象予報士会副会長。
アニメ『節子と台風』https://www.youtube.com/watch?v=5kwCjLHzuMc の主人公としても登場。








主催
(公社)日本気象学会 教育と普及委員会  /  (一社)日本気象予報士会
協力
(一財)日本気象協会

ご参加お待ちしております!
(気象サイエンスカフェ東京 スタッフ一同)

2019年10月6日日曜日

11/16【東北】わが町の気候変動 どうやって予測する? / 山崎剛さん

【第10回 気象サイエンスカフェ東北】 
日時 2019年11月16日(土) 14:00〜16:00(13:30開場)
場所 せんだい環境学習館 たまきさんサロン
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1東北大学大学院環境科学研究科本館(J22)1階)
 地下鉄東西線 青葉山駅 南1出口から右手(農学部方面)に徒歩3分
 → アクセス
■テーマ:わが町の気候変動 どうやって予測する?
■話題提供:山崎 剛さん(東北大学大学院 理学研究科 教授)
■参加費:無料
■申込み締切 11月6日(水)申込み多数の場合は抽選
 メール又はFAX、葉書で必要事項(講座名・参加者氏名・年齢・住所・電話番号)についてご連絡ください。メールで申込み場合は申し込み先からのメールを受信できるように設定をお願いします。
■申込み・問い合わせ先
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
メール:tamaki3salon[A]city.sendai.jp ([A]を@にしてください)
FAX:022-393-5038
〒980-0845
仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学青葉山新キャンパス内 東北大学大学院環境科学研究科本館(J22)1階
→ 詳細はこちら
→ ポスターはこちら

気象サイエンスカフェは、気象の専門家を交えて和気あいあいと語り合い、理解を深め
ることを目的としています。どなたでも楽しくご参加いただけます。
私たちの町はもっと暑くなるの?大雨は増えるのかな?気候変動は地球全体で一様に起こるわけではありません。温室効果ガスの排出削減に努めても、ある程度の気候変動による影響は避けられないと言われています。気候変動に適応するための対策には、信頼できる地域の気候予測が必要です。
話題提供では、地域気候の将来予測はどのように行うのか、方法や問題点をお話しします。また、地球規模の温暖化と都市の高温化の違いについても考えてみたいと思います。

主催 (公社)日本気象学会東北支部 / (一社)日本気象予報士会東北支部
共催 仙台管区気象台 / (一財)日本気象協会東北支社
後援 宮城県教育委員会 / 地球ウォッチャーズ 気象友の会