2018年2月5日月曜日

3/6【つくば】気候変動と大気・海洋振動が世界の穀物生産に及ぼす影響の予測に挑む / 飯泉仁之直さん

第5回 気象サイエンスカフェつくば
■日時 2018年3月6日(火) 18時30分から20時30分まで
 (18時15分開場)
■場所 BiViつくば 2階交流サロン

 茨城県つくば市吾妻一丁目8-10
 (つくばエクスプレスつくば駅A3出口からすぐ
■テーマ:気候変動と大気・海洋振動が世界の穀物生産に及ぼす影響の予測に挑む
■ゲストスピーカー:
飯泉仁之直さん
農研機構 農業環境変動研究センター
  気候変動対応研究領域 主任研究員

■司会:川瀬宏明さん(気象予報士)
■参加費:無料(飲み物は各自ご用意ください)
■申込み:事前申込みは不要です。直接会場にお越しください
■定員:30名程度(来場先着順)

気象サイエンスカフェは、気象や防災、環境等にまつわる科学技術と社会の関わりを語りあうイベントです。
どなたでも参加できます。

農業生産は天候の影響を強く受けます。
数十年スケールでの気候変動と数週間スケールの異常天候のどちらにも警戒が必要です。日本では、例えば、ダイズの93%、コムギの85%を海外から輸入しており、米国やカナダ、オーストラリア、ブラジルといった主要生産国の異常天候と無関係ではありません。
今回の気象サイエンスカフェでは、エルニーニョ現象のような大気・海洋振動や将来の気候変動が世界の主要穀物の生産に及ぼす影響と適応を中心にお話しします。

ご参加お待ちしております!


2018年2月3日土曜日

3/4【東北】集中豪雨はどうして起こる?線状降水帯って何だろう? / 高野健志さん

【第8回 気象サイエンスカフェ東北】 
日時 2018年3月4日(日) 14:00〜16:00(13:30開場)
場所 仙台管区気象台(第3合同庁舎)2階大会議室
    (仙台市宮城野区五輪一丁目3-15)
     JR仙石線榴ヶ岡駅1番出口から徒歩10分
     → 周辺の地図
■トークテーマ:
 集中豪雨はどうして起こる?
 線状降水帯って何だろう?
 ~みんなでざっくばらんに話してみませんか~
■仙台管区気象台見学会もあります
■話し手:高野健志さん(仙台管区気象台気象防災部予報課)
■ファシリテータ:岡田みはるさん(日本気象予報士会)
■参加費:無料
■申込み締切 2月27日(火)
 メール又はFAX等で下記の事項についてご連絡ください
 (グループの場合は全員分)
 電話の場合は平日日中にお願いします
 お名前、連絡先(メール又は電話番号)、差支えなければご所属
■申込み・問い合わせ先
 日本気象学会東北支部事務局(仙台管区気象台内)斎藤
 電話 022-297-8162 FAX 022-297-5615
 メールはこちら
→ 詳細はこちら
→ ポスターはこちら


気象サイエンスカフェは、気象の専門家を交えて和気あいあいと語り合い、理解を深めることを目的としています。どなたでも楽しくご参加いただけます。
集中豪雨は毎年各地で発生しており、社会的関心も高まっています。
東北地方においても例外ではありません。
どうして同じ場所で数時間も強い雨が降り続けるのだろう?
集中豪雨から身を守るにはどうしたらよいのだろう?
みんなでテーブルを囲んでお茶を飲みながら、
集中豪雨や関連する素朴な疑問について、ざっくばらんに議論し、考えてみませんか?



主催 (公社)日本気象学会東北支部 / (一社)日本気象予報士会東北支部
共催 仙台管区気象台 / (一財)日本気象協会東北支社
後援 宮城県教育委員会 / 仙台市教育委員会

2018年1月17日水曜日

2/10【四日市】春一番はなぜ吹くのか? / 西井和晃さん・多森成子さん

【第14回気象サイエンスカフェ in四日市】
日時 2018年2月10日(土) 17:00〜19:00(受付16:30開始)
場所 諏訪栄町珈琲
近鉄四日市駅より徒歩約5分
(三重県四日市市市諏訪栄町15-3 有馬ビル2階)

■テーマ:春一番はなぜ吹くのか?
■スピーカー:2人の掛け合いで話を進めます

 西井和晃さん三重大学生物資源学研究科 准教授
 多森成子さん(三重テレビ 気象キャスター)
■参加費:700円(飲み物とケーキ)
■定員:50名(先着順)

 どなたでも参加できます
■申し込み:メール=s_cafe_nagoya[at]yahoo.co.jp([at]は@に置き換えて下さい)  日本気象予報士会東海支部 岩田 宛
※件名は「気象サイエンスカフェ参加希望」とし、本文に氏名および連絡先、所属を記入。
(複数人数での参加の場合は、代表者名と人数を記入してください。)
※定員に達した場合には申込受付を締め切らせていただきます。

※申し込み後に都合が悪くなった場合もご連絡ください
■案内(PDFファイル)はこちら

気象サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に話題について語り合う新しいコミュニケーションの場です。「気象サイエンスカフェin名古屋」14回目は初めて四日市に場所を変えて開催します。テーマは「春一番」です。


【西井和晃(にしいかずあき)さんのプロフィール】
 専門分野:異常気象、温帯低気圧など

 2006年 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 特任研究員
 2011年 東京大学先端科学技術研究センター 助教
 2016年 三重大学大学院生物資源学研究科 准教授

【多森成子(たもりせいこ)さんのプロフィール】
 三重テレビ気象キャスター

 「三重テレビNEWSウィズ」「みえの風紀行」ほかに出演
 気象予報士、防災士
 NPO法人気象キャスターネットワーク会員
 三重県エネルギービジョン推進会議委員
 環境省地球温暖化防止コミュニケーター
 テレビに出演する傍ら、講演活動を行う
 




主催 (公社)日本気象学会中部支部 / (一社)日本気象予報士会東海支部 
お問い合わせは日本気象予報士会東海支部 岩田までs_cafe_nagoya[at]yahoo.co.jp([at]は@に置き換えて下さい)  

2017年12月28日木曜日

1/27【関西】クルマは気象を駆け巡る  / 難波良彰さん

【第11回 気象サイエンスカフェ in 関西】
日時 2018年1月27日(土) 14:30〜16:00(受付14:00~)
場所 英國屋心斎橋本店
(大阪市中央区心斎橋筋2-1-31 煉瓦館ビル)
 地下鉄御堂筋線心斎橋駅徒歩5分
(周防町通(ヨーロッパ通))
 → お店紹介はこちら(※心斎橋本店です)

■テーマ:クルマは気象を駆け巡る
~元・自動車開発エンジニアはモーターショーをどう見たか?~
■スピーカー:難波良彰さん
日本気象予報士会 近畿ブロック理事)
■参加費:920円(ケーキセット。ドリンクは選べます)
■定員:20名程度先着順。
(申し込み締切:1月24日(水))
(定員になり次第締め切らせていただきます)
■参加申し込み、お問い合わせ
 メールにてお申し込みください。
 件名は「気象サイエンスカフェ参加希望」とし、
 本文には住所・氏名・連絡先電話番号を記入してこちらまで送信してください。
 → 詳細はこちら
 参加申し込み後に都合が悪くなった場合も同じ宛先にご連絡ください。
 

 サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に科学などの話題について語り合うコミュニケーションの場です。どなたでも参加できます。

 今回の気象サイエンスカフェin関西では、大手自動車メーカーで車両空調や全天候再現装置の開発エンジニアを経験した気象予報士が、カーエアコンの正しい使い方(実はそんなものがあるんです)や作動メカニズム、ガソリン車VS電気自動車の意外な強み・弱み・そのほか気候・天候と自動車にまつわる便利で楽しいお話を提供します







2017年11月23日木曜日

2/3【かごしま】火山灰を雨雲レーダーで観測すっど / 眞木雅之さん

【第5回気象サイエンスカフェ in かごしま】
日時 2018年2月3日(土) 16:00〜17:30(受付15:30開始)
場所 マルヤガーデンズ7F グッデイ
鹿児島市呉服町6-5 
(JR鹿児島中央駅から鹿児島市電約10分 いづろ通電停すぐ)

■テーマ:火山灰を雨雲レーダーで観測すっど!
 ~研究最前線!灰はどこに流れるの?~
■ゲスト:眞木雅之さん
 (鹿児島大学地域防災教育研究センター 特任教授
■ナビゲーター:

 今村聡さん
 (NHK鹿児島放送局
 松浦悠真さん
 (KKB鹿児島放送)
■参加費:500円(ドリンク、お菓子付)
■申し込み:メール又は電話、FAXで鹿児島地方気象台まで参加者氏名・人数・代表者の連絡先(電話番号・メールアドレス)をお知らせください。

・メールはこちら

・電話:099-250-9912
FAX:099-255-4234
※申し込み締め切り2018年2月1日(木)

※定員になり次第申し込み終了

※申し込み後都合が悪くなった場合はお知らせください
■定員:30名(先着順)

気象サイエンスカフェは、天気に関わる専門家のお話を、カフェでゆるりと聞くことができる市民向けのトークライブです。
どなたでも参加できます





主催 (公社)日本気象学会 九州支部  /  鹿児島地方気象台 / (一社)日本気象予報士会 鹿児島支部